施工方法によって変わるシロアリ駆除費用相場【安いのは薬剤工法】

シロアリ駆除費用相場が安い駆除方法~特徴や費用~

シロアリ駆除費用相場は、駆除の施工方法によっても変わります。シロアリ駆除の方法と、その費用の違いはどのようなものでしょうか。

シロアリ駆除の方法

薬剤工法
薬剤工法とは、柱や基礎、床下の土に潜むシロアリへ駆除剤を散布する一般的な方法です。周辺へ広く散布するだけでなく、シロアリが潜む木材へ穴を開けて駆除剤を浸透させることで、家に潜むシロアリを即座に駆除することができます。この薬剤工法はバリア工法とも呼ばれます。広く薬剤を周辺に散布することで、シロアリを殺虫すると同時に再び家屋へ侵入することを防げるので、文字通りシロアリに対しての「バリア」となるのです。
ベイト工法
ベイト工法とは、「ベイト剤」と呼ばれる薬剤を含んだ毒エサを地中に埋める施工法です。シロアリは木材を好む性質があるため、木材にシロアリに効果がある薬剤をたっぷり浸透させて地中に埋めます。シロアリは地中のエサを見つけると、一般のアリと同様にエサを巣へと持ち帰る習性があります。巣の成虫だけでなく、奥にいる幼虫や女王アリまで毒エサを食べることになるため、巣ごと全滅をさせることができる施工法なのです。

シロアリ駆除費用相場が安いのは薬剤工法

ベイト工法と薬剤工法では、費用の計算方法が異なります。ベイト工法は地中にベイト剤が入った「ステーション」と呼ばれる筒を埋めますが、このステーションは建物外周1メートルあたりに費用を換算します。一方薬剤工法は、散布をする範囲の坪単価ごとに計算を行なうのです。同じ15坪の家に施工を行なった場合、ベイト工法の場合は16万円から18万円。さらに年間の維持費として毎年3万円の費用を支払います。これに対し薬剤工法の場合、15坪の家への施工費用は約10万円。さらにベイト工法とは違い年間の維持費は掛からないので、薬剤工法のほうが安く施工を行なえます。場合によっては薬剤工法の費用はベイト工法の2分の1も安くなるため、できるだけ費用を抑えたいとする人は薬剤工法を選ぶとよいでしょう。

まとめ

シロアリ駆除費用相場が安いのは薬剤工法ですが、シロアリの再発防止や人体・環境への安全性に関してはベイト工法のほうが優れている面もあります。即効性があり安い施工法を選ぶか、確実かつ安全な施工法を選ぶか、冷静に考えて決めましょう。

TOPボタン